読書の集中力が続かない人に伝えたい、集中できる方法

こんにちは!しーけんです。

 

「読書してみたけど集中力が続かない…」

 

人生を変えようと決心して読書をはじめてみたものの、こんな壁に突き当たってしまったという人はいませんか?

 

しーけん
じつは…最初から集中して読書できる人なんて少ないのです。

 

集中するためには「経験」が必要です。

何度も読書を続けていくなかで、少しずつ集中できるようになっていくものだと考えましょう。

 

今回の記事では、読書に集中できるようになる方法について書いてみました。

あなたの読書習慣をはじめる手助けになれば嬉しいです。

 

 

最初から集中して本を読める人はいない

 

冒頭でも書いたのですが、ほとんどの人は、最初から集中して本を読むことはできません。

 

しーけん
まずこの事実を頭に入れておきましょう。

 

読書」というのは、言ってみれば「登山」と同じなのです。

トレーニングや知識もなしで、いきなり富士山に登ろうとしても、高山病にかかるか寒くて動けなくなってしまい、挫折してしまうでしょう。

 

読書もトレーニングなしでは集中して読むことができないのです。

数ページだけ読む・5分間だけ読む

まずはこんな簡単なところから慣れていけばいいのです。

 

楽しむ」だけでいいのです。読書は、修行ではありません。

 

 

トレーニングしても、長時間読めるとは限らない

 

そしてもうひとつ覚えておいていただきたいことは、

「トレーニングを積めば長時間読めるようになるとは限らない」

これが読書なのです。

 

・睡眠不足など体調がいまいちな時

・読んでいる本が面白くない時

・仕事終わりなど疲れている時

・心ここにあらずな時

 

このような状態のときは、どうやっても集中して読書することができません。

そしてその原因は、本人であるあなたも気づいているはずなのです。

 

集中できない要因があるときは無理せずに、要因を取り除くことを優先しましょう。

 

自分の知識をつけるための読書で、逆に自分を苦しめてしまうことになりかねません。

 

 

読書する目的が曖昧だと集中できない

 

先述したような「読書に集中できない要因」を取り除いても、集中できない状態があります。

それは、「読書する目的が曖昧な時」です。

 

別の記事でも書いたことなのですが、読書を続けるために必要なことは、

読書したその先に「やりたいこと・なりたい姿」をはっきりイメージすることなのです。

先の道がはっきり見えてくれば、読書に集中することができるようになるのです。

読書自体が目的になってしまうと、内容が頭に入らないので注意しましょう

 

ちなみに、私の場合は「ブログにアウトプットする」という目的があり、そのために読書をしています。

アウトプットを意識して本を読むと、いつも以上に集中することができます。

 

しーけん
「この本の内容を相手に分かりやすく伝えるにはどう書こうか?」

 

伝え方を意識して本を読むと、思考を働かせながら読むことができるのでおすすめです。

 

 

私のおすすめ【無料のKindle本読書から始めて、読書の経験を積もう】

 

どういった本を読んでトレーニングを積めばいいのでしょうか?

 

そんな人におすすめしたい方法は、

「ページ数の少ない無料のKindle本の読書から始める」

という方法です。

 

Kindle本というのは、Amazonが運営している電子書籍です。

Kindle Unlimitedという月額980円のサービスがあるのですが、これに加入すると200万冊以上の本を無料で読むことができます

 

無料で読める本の中には50ページ程度のページ数が少ない本もあります。

まずは、ページ数の少ない本を読むことで、読書する経験を積んでいくことが、読書に慣れる近道だと思います。

 

Kindle本を扱っているKindleストアーには、ありとあらゆるジャンルの本がそろっています。

あなたにとって未知の分野に出会うチャンスもたくさんあるのです。

 

Kindle Unlimitedの入会はこちらから!

 

いままで意識してこなかった分野に、簡単に出会うことができるのが読書のいいところです。

 

しーけん
自分の人生の選択肢が増えていきますよ。

 

 

まとめ。集中して読書できるようになった自分が得られるものは、社会で生き抜く思考力

 

今回は、読書に集中できるようになる方法について書いてみました。

・最初から集中して本を読める人はいない。トレーニングを積み重ねよう

・読書に集中できないときは、マイナス要因をまず取り除こう

・読書自体を目的にせず、読書の先にある願望を明確にしよう

・読書習慣をつくりたい人は、無料のKindle本読書からはじめてみよう

 

読書に集中できるようになると、読書が楽しくなってきます。

読書の恩恵を感じられるようになるのです。

 

テレビやインターネットで知識を学んでも、残念ながら読書で得られるような、「体系だった使える知識」は得られません。

読書は自分を磨き、豊かに生きていく力と、社会で生き抜く思考力を与えてくれるのです。

 

この記事を最後まで読んでくれたあなたは、読書に対して理解のある聡明な方だと思います。

ぜひ読書から多くを学び、これからの時代を生きる力に変えていってください。

 

 

今回の記事作成にあたり、こちらの書籍を参考にさせていただきました。

 

 

すべての学問の基本が読書にあることは間違いありません。

ぜひこの本を読んで正しい読書・集中できる読書方法を身につけてください。

 

それでは、また!

 


:参考記事:

ぜひ読んで欲しい、自分を変える生き方が学べるおすすめの本の紹介です

関連記事

こんにちは!しーけんです。 「読書は最高の自己投資」 電子書籍の充実で、さらに読書が身近なものとなりました。あなたは、日々の生活に読書を取り入れていますか・・? […]

最新情報をチェックしよう!